時計用工具の紹介

時計用の工具の紹介です。※作成中
時計の分解・修理・組立に使う道具に限らず、専門的な道具というものはどうしても高価なものです。ある意味、その道具が間違いの無い仕事を保障しそれで金を稼ぐわけですから当然といえば当然です。趣味のレベルだとは言っても、どうしても揃えなければならない道具もあります。僕のように技術力が乏しい人間の趣味だからこそ、ちゃんとした道具を使わないと上手く出来ない部分も有ります。でも、あまり高価なものを買うことも出来ません。。なので、購入するときにはちゃんと調べてから買うわけですが。。

失敗はしたくないけれどブランド品は予算オーバー…でもやっぱり、ブランド品が欲しい、なんて時計を手に入れるときと同じようなジレンマに悩まされますね(^-^;

そんな時は、どの程度の工具なら間違いが無いのか、近くに詳しい人や先輩が居ればその方にアドバイスを貰うことも出来ます。が、居ない場合にはやっぱり Webで調べることになります。そんな時に役立ったサイトをいくつか紹介しておきます。

工具専門店では 時計工具専門店【醒凛舎】さん ODS時計工具店さん ファンサイトでは 時計三昧さん等をいつも参考にさせていただいておりますm(_ _)m

工具のお手入れ

どんなものでも、工具はその手入れが大切です。どんなに高価な工具を手に入れても工具のメンテナンスを怠ると途端に作業性が悪くなりますし完成度も低くなります。工具は「磨く」・・・僕の時計の先生曰く、「ちゃんと磨いた工具なら時計に傷も付かないし工具自身も錆びにくくなる。」との事でした。僕の場合は、ピンセットやドライバーなどの工具の手入れでは、家庭用の包丁を研ぐ砥石で研いで紙やすりで整えて金属磨き用の研磨布で磨いています。

手作り工具

ホームセンターで炭素鋼の棒材を買ってきて適当な長さに切り削ることで色々な工具を作ることが出来ます。てこ式針抜きやサグリ棒などなど、成形してガスコンロで焼入れをしたモノを磨き上げて…ちょっとした道具を作ることが出来ます。
黒い持ち手のところは、「熱収縮チューブ」で滑り止めにしてあります。


Comments are off for this post