Tags

Related tags for "振動数" Works

歯数を数えてみました

前回の写真では数える事が出来なかった歯車の歯数。
500万画素のデジカメのレンズの先にキズミを輪ゴムで固定して撮影してみました(^-^;
写真は、トリミング無しでリサイズしただけです。元の画像は、2592×1944画素で一枚一枚の歯を充分に確認する事が出来ました。写真の中に数字が書かれていますが、それぞれ大きな数が「歯車の歯数」で小さな数字が「カナの歯数」です。

2番車 歯車:72 (分針)
3番車 カナ:8 歯車:60
4番車 カナ:6 歯車:64
ガンギ カナ:6 歯車:15

これらの情報を元に、2番車(分針)が一回転する間(一時間)に、テンプが何回振動するかを計算します。

72/8 x 60/6 x 64/6 x 15 = 14400 (テンプの往復回数/時)
14400 x 2 = 28800 (テンプの振動数/時)

一秒当たりに換算すると
28800 / 3600 = 8(振動/秒)

…驚愕の事実!
この輪列は、8振動構成ではありませんかっ!(計算ミスが無ければ…)

つまり、譲り受けたムーブメントもテンプ回りを交換されて、放置されていたものだったわけです。道理で、赤ペンで印が付いていたわけです。。多分、色々と実験に使われたムーブメントだったのでしょう。。

さて、組み込む前に正確に動かないことがわかってしまったので、それからどうするか…考える必要がありそうです(T-T) とりあえず、洗浄注油して…元に戻しておきますか。テンプ無しで。。

手元には、8振動構成の Cal.6750 のテンプ無しムーブメントが2つ。6振動のテンプが1つ。天真の折れた8振動のテンプが一つ。

8振動のテンプ…手に入るかなぁ。。先は、長そうです…(T-T)


No comments

振動数

シチズンの仕様一覧に最近追加したのですが、Cal.67**系とCal.68**系の所に少し気になる部分があります。

同じ系列のムーブメントでも振動数が違うものがある!という点です。

Cal.6700 6振動/秒 (21600振動/h)
Cal.6750 8振動/秒 (28800振動/h)

シチズンは、一つのムーブメントで様々な外装タイプの時計を出してバリエーションを増やす事でも知られている?ようですが、同じキャリバー系列で振動数まで違うムーブメントもあるんですね…ちょっと驚きです。と言いますか…きっと、頭2桁で同じ系列と思っているのは僕のように素人の発想なのかもしれません。解っている人にとっては、数字一つが違うとそれは違うムーブメントだといえるのかも。

実はコレ、修理している時計の部品を交換しても全く時間を合わせることができず、悩んだ挙句に時計の先生に相談して歩度測定器に乗せてみて解った事なのです。古い資料によると、Cal.67系の振動数は21600…歩度測定器でも21600。しかし、先生の記憶で「6750は28800だろ?」って。資料を調べていくと、確かにありました。Cal.6740以降の振動数は28800になっています。

想うのは同系列のムーブメントで振動数が違うこともさることながら、それを覚えている先生も凄いって。。

ちなみに、修理していたCal.6750ですが…手に入れたテンプ回りの部品が 6振動用の物だったため時間が全く合わなかったのでした(8振動に対して6振動…25%引きですね。1時間に15分遅れるのも納得です、笑) orz

8振動用の部品が手に入らないので、どう修理するか悩み中です(T-T) さて、困ったぞ。。。


No comments