Chronograph Automatic

シチズンの数少ない機械式クロノグラフムーブメントを搭載した時計「シチズンクロノグラフ」です。そのまんまですが(^-^;これには正式なペットネームがあるのかしら?(全部がチャレンジタイマーで良いのかな)

CITIZEN CHRONOGRAPH Automatic
Cal.8110A 23Jewels
CASE:4-901045 TA 60502394
GN-4-S 67-9119 JAPAN SSB

これは、10時位置の竜頭を操作することで文字盤外周のインナーベゼルを回転させることの出来るモデルです。
入手時の状態は・・・ムーブメント自体は完動品。なかなか良い状態です。小針が腐食しているのかペイントが浮いているのか後から塗ったのか接着剤でもつけてあるのか…ちょっと汚いです。また、文字盤とムーブメントがケースの中でカタカタ動きます。2008.04.22現在、手に入れたばかりでバラしていないので詳しくはわかりませんが。ガスケットやスペーサー的なものが欠落しているのかどこかで高さをあわせる部分があっていないのか・・なのかな。細かな点は色々と気になりますが、全体として問題は有りませんね(^-^)裏蓋の内側には比較的最近の日付でOH履歴が書かれていました。

なんにせよ、初めて手に入れた機械式のクロノグラフ。
時間が取れたらバラして遊びたいところです(^-^)b
(僕の技術力的な理由で…少し先になると思いますが。。)

ちなみに、シチズンの機械式クロノグラフにはこの Cal.8110Aと目玉の一つ少ない Cal.8100Aが有るそうです(2キャリバーしかないのか…は、解りません。)
また、同じムーブメントを搭載したものですが、竜頭やボタンの位置を12時位置に90度回転させた、「ツノ」とか「ミッキー」、「カタツムリ」と呼ばれたり、文字盤の色によっては「パンダ」等と呼ばれるものも多数存在します。


Comments are off for this post